プロフィール作りの極意

p10samune

結婚相談所における結婚とはオーディションのようなもので、
書類選考 → 1次審査 → 2次審査と進んでいき最終選考に残った人だけが、結婚へと進むことができます。

「結婚できる人」と「結婚できない人」の差は、最初の難関「プロフィール作りの段階」で決まると言っても過言ではありません。

まず、結婚できない人のプロフィールでありがちなものが…自己PRの欄が空欄のままだったり、おざなりのことしか書いていない場合です。

「この人はそんなに結婚に積極的ではないのかな?」
「すべてにおいて、やる気のない人なのかな?」

と思わせてしまいます。

反対に、

「現在、チーズケーキの食べ比べに凝っています。一緒にケーキ屋めぐりを楽しめる人が希望です。」

と書かれていたらどうですか?

プロフィールは相手の心に、「!」や「?」を残せるかがカギです。

「会えばわかってもらえる」
「時間をかけて良さをわかってもらおう」

などと考え、プロフィールをおろそかにするのは単なる怠惰であり、
相手の心には何も響きません。

最初の書類選考を通過しなければ、永遠に1次審査のチャンスはやって来ないのですから・・