婚活サイトで役立つメール術

携帯電話の発展とともに盛んになってきたのがメールです。
皆様もメールをお使いだと思いますが、仕事でのメールはもちろんデートのお誘いや日常と他愛もない会話もメールで行うときがありますよね?
そのような時に使えるメール術を今回はご紹介していきます。

メール作成のポイント

メールを作成するときに考えるべきことはまず、メールはもう一人のあなたということです。
あなたが初めて人と会うときは第一印象として見た目や仕草などで第一印象を考えます。
それ以外にメールや電話での対応で判断することがあります。
例えば第一印象が明るくとても元気だった人がメールではとても暗い印象だとどちらがただしい印象なのだろうと困惑してしまいます。
ということはどういうことかというと、メールで話して仲良くなって実際に会うときと印象が一致していないと相手はどうしても違和感を持ってしまうのです。
なのでメールを打つ・考えるときは自分が相手にとってどう映るか・どう映って欲しいのかを考え、メールをしなければ仲良くもなれませんし、仮に仲良くなれたとしても相手は違和感を持ってしまうでしょう。

女性→男性へのメールで気をつけるポイント

男性は女性が思っている以上に鈍感なんです。
なので察してほしいと思うことは回りくどい言い方をせず直球でメールし、ストレートに伝えたほうがいいでしょう。
そのほうが男性にとっても気づかれやすくなりますので、成功率も上がると思います。
ちょっと残酷な言い方になってしまいますが、ストレートに言っても反応が悪い場合は脈がないと考えるのが妥当でしょう。
時には諦めも肝心です。

男性→女性へのメールで気をつけるべきポイント

男性でメールで失敗している方は、だいたい次の3タイプに別れるでしょう。

1.メールをまったくしない冷めている系
2.返事が返ってくるまで何度もメールしてしまうしつこい系
3.相手のスタイルにあわせられない自己中心系

大体がこの3個のタイプで分かれます。

1.冷めている系の問題・改善
問題
自分からメールをしないと女性は自分には興味を持っていないと思ってしまいます。
改善
自分からメールすることを心がけましょう。
ただしメールをしすぎてしつこい系にならないように注意!

2.しつこい系の問題・改善
問題
女性から見てうっとおしい。
仮に興味のある異性でしたら時間の合間をぬって例え一行でもメールを返してくれるはずです。
改善
空気を読んだメールを。
送りすぎず、送らなすぎずのバランスが大切です。

3.自己中心系の問題・改善
問題
突然メールの内容や突発的に話題を替えたりなど日常会話ですると迷惑なことを気づかずやっている可能性がある。
改善
メールの文脈を見て、相手が何を求めてメールをしているかの本文を汲み取ってメールをうちましょう。