非モテ色の洋服は避ける

p19samune

洋服の色について、ずばり「黒・茶・紺」の3色は避けましょう。

ベーシックな色で他の色と合わせやすいので、ついつい選んでしまいそうですがおすすめできません。

「黒・茶・紺」の3色は仕事場で見慣れた色であるため、印象に残りにくいです。
さらにカッチリとしたイメージが刷り込まれており、ビジネスモードに入ってしまうと、なかなか恋愛モードにシフトチェンジは難しいでしょう。

女性が思う「無難」とは、男性にとっては「地味」とイコールです。

それでは、どのような色で洋服を選べばいいのでしょうか?

基準は「普段、男性が着ない色」を中心に考えましょう。

ピンクといったスーツを着ている男性はほとんどいませんよね。

同じ視点で考えると、パステル系のグリーンやイエローなどのシャーベットカラーもおすすめです。

これらの色はさわやかなイメージがあり、女性の軽やかなイメージも伝えやすいと思います。

いずれにしても男性にとって、自分のワードローブはないような色こそ新鮮に映り、女性らしさを感じやすく、恋愛モードに前向きに働く効果が期待できるでしょう。

洋服の色を変えるだけで、自分の持っている魅力が倍増して相手に伝わるようになるのです。