スマホや携帯の3つのマナー

p146samune
男性側の視点で、女性のことを見ていないようで見ているのが、意外にも「スマホや携帯のマナー」についてです。 1つ目は、 2人でレストランやカフェなどで食事や会話をしているときに、テーブルの上にスマホや携帯を出しておくことです。 これは暗黙のうちに、「他の誰かから電話がかかってきたら、そちらを優先して出ます」というサインを送っていることになり、男性側として自分の優先順位が低いことに気を悪くしてしまうことでしょう。 2人で会うときは、マナーモードに設定し、電話の着信音などが鳴らないように配慮しましょう。 2つ目は、 目の前でメールのチェックをしたり返信をしたりすること。 これも1つ目の理由と同じで、もしも急用などですぐに返信が必要な場合も、一言断りを入れたり、離席してお化粧室など男性からは見えない場所を使ってメールや電話をしましょう。 3つ目は、 2人で会った後、「今日は楽しかった」という気持ちをこめたメールを相手に送るようにしましょう。 男性は女性を喜ばせることにやりがいを感じるものです。 しかし男性脳のシンプルな構造上、なかなか相手の気持ちを汲み取ったり、察することが苦手な人が多いのも事実です。 そのために、「楽しかった」という気持ちも声に出したり、メールの文にして送るなどして、男性にとって理解しやすい形で伝えることが、とても重要なのです。 スマホや携帯の3つのマナーは以上ですが、3つに共通する点としては、女性としての配慮や気配りを、男性は見ていないよう見ているということです。 是非、これらを心がけるようにし、気配り女子になれるよう頑張りましょう!